Blog
2018/01/13

「私」と「わたし」

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

不機嫌も上機嫌も一瞬のうちに流れていく。掴むのは「私」。流すのは「わたし」。どちらに自分をアイデンティファイしているか、それによって生きづらさ/生きやすさは変わってくる。

思考も、感情も、身体感覚も、
ふわっと湧き上がっては、一瞬で消えていって、
なにひとつ、あとには残らなくって。

泣きながら、泣いている理由を忘れたり。
怒りながら、怒っている理由を忘れたり。
笑いながら、笑っている理由を忘れたり。

ほんとうに、そんなことだらけだなあ、って。

不機嫌の理由も、上機嫌の理由も、単なる後づけのフィクションで。
説明しながら、もうすでにその状態にはないことを感じていて。

「私」なんて、頭の中にしかいないんだよ。

「私」を貫こうとすると、ほんとうの「わたし」に嘘をつくことになる。
ほんとうの「わたし」に正直でいると、「私」も生きやすくなる。

整合性? 一貫性?
そんなものを保とうとするから、苦しくなるんじゃないの?

なにひとつつかめない。
つかめないから、保てない。

流れて、流れて、流れ続けて。

ただ、それだけでいい。
ほんとうに、それだけでいい。
余計なことは、しなくていいんだ。

「わたし」が、そう言っているよ。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。
よい一日をお過ごしください◎

 

1月24日(水)の夜に、神谷町光明寺にて、
参加者を女性に限定した対話の集いを開催します!
今回のテーマは「家族と性」。ゲストは保育士起業家の小竹めぐみさん。
ゲストも参加者も一体となって、本来的な「いのち」のあり方を探っていきます。
女性のみなさま(心が女性の方もOKです!)どうぞお気軽にお運びください◎

http://temple-web.net/event/95/

2月4日(日)の13時から、北鎌倉の円覚寺さんにて、
Temple School第4弾を開催します!
ゲスト講師はタイ上座部仏教僧侶のプラユキ・ナラテボーさんと、
臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺老師。
講師同士の対話と、プラユキ先生による手動瞑想のワークショップとで
立体的に「いのち」のはたらきを学び、感じたあとは、
参加者同士の座談会の時間を取り、さらに立体的に理解を深めていただきます。
先着80名さま限定です! どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/98/

3月5日(月)の18時半から、大阪市天王寺区の應典院さんにて、
Temple School第5弾を開催します!
ゲスト講師は禅僧の藤田一照さんと、武術家の光岡英稔さん。
イベント後は講師二人の共著『退歩のススメ』(晶文社)のサイン会も予定しています。
こちらも先着80名さま限定。どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/101/

次回「遥子の部屋」は、1月31日(水)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください) 

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

東京と京都で「リアル版・遥子の部屋」というお話会を開きます!
くつろげる空間で、おいしい食べ物や飲み物(お酒も!)をたのしみながら、
みなさんと、の〜んびりお話できたらな、と思っています。
このブログに書いているようなお話も、もっとディープに語っちゃおうかな。
ご質問も大歓迎ですよ〜。

◆2月18日(日) 13時半〜15時半 東京都内笹塚駅周辺某所
◆3月4日(日) 13時半〜15時半 京都市祇園周辺某所

いずれも参加費は2000円です。

ご興味ございましたら、ご希望の会場(東京or京都)と、
お名前と、ご連絡先と、小出へのひとことを添えて、
以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは「「リアル版・遥子の部屋」参加希望」としてください◎

このブログを読んでくださっている方でしたら、
老若男女問わず、どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しくださいね。お待ちしております!

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)