Blog
2018/06/11

人生に失敗はない

小出:謎は謎のままで、無理に解明しようと思わなくてもいいのかもしれない。もちろん、解明しようとしてもいいんですけれど、「わからない」ことと仲良くしていく道というのも、また、用意されていたりしますからね。和葉さんもご著書のあとがきに、こんな風にお書きになられていますよね。

【私は、「生きていることはすべて実験だ」と思っています。良い感情も悪い感情もなく、成功も失敗も、正しいも間違いもなく、ただ、「いろいろなことがある」それだけなのだと。宇宙から人間までを一つのシステムとして見た時、そんなふうに思うのです。(『理系ボディーワーカーが教える”安心” システム感情片付け術』日貿出版社)】

ここ、すごく感動しました。ああ、ほんとうにそうだなあ、って、しみじみ……。

小笠原:これは研究者として実験をしていた中で実感したことなんです。科学の分野には「失敗」という概念がないので。

小出:失敗がない!

小笠原:大きなところから見れば、なにも失敗はない。スーパーカミオカンデってご存知ですか? 岐阜の鉱山の地下にある、世界最大の宇宙素粒子観測装置で、そこからノーベル賞をとるような研究もたくさん生まれているんですけれど。最初、あのシステムを作るときに、水がたくさんいる、ということで、池で実験をしていたんですね。でも、それはうまくいかなくて。なぜなら装置に魚が入ってしまったから。

小出:魚……! 最先端の科学の実験の話ですよね?(笑)

小笠原:そう(笑)。初期には、そんな、すごいしょうもない笑い話があるんです。でも、魚が入ったから失敗、というわけではないんですよね。「ああ、なるほど。池でやると魚が入るんだ。じゃあどうしようか。鉱山の地下にプールを作ろう!」という風に、ちゃんと次につながっていって。

小出:なるほど。

小笠原:だから、ひとつひとつ、これは成功、これは失敗、という風に判断していくのではなくて、ただ、データが集まっていくっていう、それだけの話なんですね。

小出:その視点があれば、人生も、ものすごく楽になりそうですね。

小笠原:そうなんですよ。私たち、ふだん、生きていく上で、間違わないこととか、失敗しないことに気を使いすぎているところがあるので。

小出:失敗なんかない、というところを生きていければ、いい感じに力が抜けていきますよね。その先に、良い悪いを超えた本質的なしあわせがあるんじゃないかな。ただ、ここに存在していることのありがたさに目を見開かされるというか……。

「小笠原和葉さんとの対話/科学とスピリチュアルのはざまから見たいのちの話」より一部抜粋

昨日は東京での「リアル版・遥子の部屋」でした。
お越しくださった方、ほんとうにありがとうございました。

昨日はどんなお話をしたんだっけ……。
もはやまったく覚えていない(笑)。
すみません、私、「いまを生きる人」なので(笑)。
でも、たのしかったことだけは覚えています。

あ、そうそう、参加者の男性がおっしゃった、

「人生に失敗はないので」

ということばは印象的でしたねえ。

「人生に失敗はない」

ほんとうのほんとうのほんとうに、そう思います。

人間の死亡率は100パーセント。
私たち、遅かれ早かれ必ず死ぬんです。

これって悲しいこと? むなしいこと? やりきれないこと?

私は、こんなに安心できることってないんじゃないかな、と思っています。

「死」は、誰もに平等に訪れる。
最後にかならず「死」が迎えてくれるのなら……

成功も失敗も気にせず、ただ、生きよう、と。

そんな風に思えませんか?

酸いも甘いもどっちもおいしいよ(笑)。
どんな場面も味わいつくしてしまおう。

人生、たのしんだもんがちですよ。

 

次回の東京での「リアル版・遥子の部屋」は
7月21日(土)18〜20時半まで、北区赤羽周辺某所にて行います!

ポットラック形式のミニパーティー(?)です。
飲み物と食べ物を各自一品ずつ持ってきてください^^
(お酒も大歓迎ですよ〜!)
ほろ酔いで(?)「人生をたのしむコツ」みたいなものをシェアし合いましょう。

定員15名、参加費は3000円です。

ご興味ございましたら、お名前と、お電話番号と、
小出へのひとことを添えて、以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは“「リアル版・遥子の部屋」参加希望”としてください。
折り返し、詳細メールをお送りいたします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

あ、その前に今週日曜日の京都での「居酒屋はるこ」ですね!
こちらもまだまだ参加受付中です^^
(詳しくはブログの下の方に〜)

 

お読みくださってありがとうございました。
よい一日をお過ごしください◎

 

『PHPスペシャル』7月号より、
小出遥子のエッセイ連載「「自分らしさ」はどこにある?」がスタートしました!
ぜひ、お手に取ってお読みくださいませ。

6月17日(日)の午前、京都・西本願寺の「日曜講演」に出演します。
講演テーマは「34歳、いち仏教ファンの念仏観」。
どんな風に念仏を受け取っているのか、どんな風に念仏に救われているのか、
「自分ごととしての南無阿弥陀仏」を思い切って語ってしまう予定です。
場所は西本願寺隣の総会所(聞法会館1階)です。
事前申込不要、入場無料。
応援しにきてくださいね〜。

http://www.hongwanji.or.jp/project/news/n001847.html#NichiyouKouen

6月17日(日)の夜、京都市東山区某所の町家さんにて
「居酒屋はるこ」という名のお話会を開催します!

18時から2時間半、お集まりいただいたみなさんと、
おいしいお酒とたのしいおしゃべりに興じたいと思います。

飲食物は持ち寄り制。参加費は2000円です。

ご興味があれば、お名前と、お電話番号と、小出へのひとことを添えて、
以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは“「居酒屋はるこ」参加希望”としてください。
折り返し、詳細メールをお送りいたします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

本願寺参りのついでに、小出の顔も拝みに来てください!(笑)
お待ちしております。

7月4日(水)の夜、「私と僧とクラフトビール」なる
とってもたのしそうなイベントにゲスト出演します!
真宗大谷派僧侶の竹川英紀さんと、ビールを飲みながら(笑)いろいろお話します。
かなりスリリングなトーク内容になりそうですよ〜。
小出枠で5名様まで観覧を受け付けてくださるそうです。
ご参加を希望される方は、イベントページの参加ボタンを押していただいた上で、
フェイスブックで竹川さんにお友達申請してください。
その際「小出」の名前を出してくださいね。
当日はネット配信もあるそうです。どうぞおたのしみに〜◎

https://www.facebook.com/events/247296572706378/

次回のネットラジオ「遥子の部屋」は6月24日(日)19時半からライブで放送します。

日曜の夜、みなさんでダラダラお酒飲みながら、
ああでもない、こうでもない、といろんなことを語りましょう。
これでサザエさん症候群も怖くない!?
お気軽にアクセスくださいね〜。

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間で、ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
場所は東京都内某所、もしくは京都市内某所となります。
相談時間は一時間半(90分)、面談費用は一万円です。
ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

※スカイプでの遠隔個人面談もはじめました。
時間、費用は対面と変わりません。
こちらもお気軽にお問い合わせください。