Column
Report
2016/11/05

2016.10.24 Temple@神谷町光明寺レポート

去る10月24日(月)の夜、東京・神谷町光明寺にて、
リニューアル後初となるTempleが開催されました。

これまで以上に「対話」をメインにした場づくりをしよう、
ということで、ダイアローグを二部制にわけて、
より、参加者のおひとりおひとりが「主役」となって
瞬間瞬間の出会いをおたのしみいただけるよう、
プログラムの流れを工夫してみました。

お越しいただけなかった方にも雰囲気が伝わるよう、
ごくごく簡単ではありますが、レポートしてみますね。

【タイムスケジュール】

18:30~19:00 受付&リフレクション1
19:00~19:15 ごあいさつ&リフレクション2
19:15~20:00 ダイアローグ1
20:00~20:15 休憩
20:15~21:00 ダイアローグ2

Temple主宰・小出遥子の「はじめに」のごあいさつののち、
今回のゲストでもある、光明寺僧侶・松本紹圭さんに導師をお勤めいただき、
参加者の方々みんなでお経(讃仏偈/さんぶつげ)をとなえました。

20161024temple2

その後、参加者のみなさんに事前にお読みいただいた
「松本紹圭さんとの対話/今、いのちがあなたを生きている」
というテキストについて、実際のダイアローグ時の裏話(?)や、
「いのちからはじまる話をしよう」というTempleのテーマについて思うことなど、
松本さんと、私、小出が、少しだけお話をさせていただきました。

次に、参加者同士で3~4人のずつのグループを作っていただき、
いよいよTempleのメイン、ダイアローグのコーナーです。

今回から二部制にして、ダイアローグ1を、
Temple Web掲載の記事について感じたことをシェアしていただく時間に、
ダイアローグ2を、
「いのちからはじまる話をしよう」ということで
ご縁にしたがってのフリートークの時間としました。

「なにものでもないもの」同士として出会っていただきたいので、
あえて自己紹介の時間はもうけず、
ぶっつけ本番、出たとこ勝負(!?)
「いのちからはじまる話」のスタートです。

20161024temple1

最初は固い表情をされていた方も、ダイアローグが進むにつれて、
やわらか~く、リラックスしたようなお顔になっていくのを見て、
主催者としてはほっと一安心……。

娑婆での役割を脱ぎ捨てて、「なにものでもないもの」として、
ただただ「いのち」の対話をたのしむ……。
Templeという場を、とても愛おしく感じました。
みなさん、ほんとうにありがとうございました。

最後に、参加者の方々からいただいたご感想を掲載しますね。
みなさんの生の声が、やっぱり、いちばん素敵です。

次回Templeの日時は近々発表予定。
ご縁がございましたら、ぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね。

【参加者のご感想】

◆初対面の方と、お互いのことをなにも知らない状態で「いのち」というキーワードを真ん中に置いた話ができて、とても新鮮でした。普段互いにラベルを付けた状態で人と接することが多いので、久しぶりに「なにものでもないもの」としていられた感覚があります。いろんな気づきを得ました。(30代女性)

◆すべてがつながっているひとつのいのち。そんな話ができて非常に楽しかった。ほかの人から出てくる言葉によって、また「なんでもない」「なにものでもない」ということの理解が深まった。(30代男性)

◆自分がどれだけ「分からない」という不安でアタマがいっぱいだったか気づきました。「役割」を背負い過ぎているな、ということも……。このようなすてきな機会をありがとうございました。(20代女性)

◆職場や家族の間では、実はなかなかできない「自由の話」を「自由に」できて、とても楽しかったです。またご縁があれば参加したいです。ありがとうございました。(40代男性)

◆ゆるやかな流れの中で、とても深く、やさしい気持ちになる対話の時間をいただきました。ありがとうございました。(50代女性)

◆お寺という空間で「いのち」の話をシェアできること、ステキだと思います。頑張ってくださいネ。(60代男性)

◆ふしぎな時間でした。人と人がこうしてつながること、大切な場づくりをされていますね。この活動が広がりますことを楽しみにしています。またうかがいたいです。ありがとうございました。(30代女性)

◆悩みをそのままに打ち明けられる方、ご自身の経験を語られる方、自分はなにも分からないという事が分かったとおっしゃる方、様々でした。それがとても良く、素晴らしい気づきも最後にいただくことができ、期待以上の体験をさせていただきました。対話の時間が2セットあったのも、他の方と話せる機会になり良かったです。松本さんと小出さんの対話も素敵でした。知り合いに勧めさせていただきます。また参加したいと思います!(30代男性)

◆初参加でしたが、とっても刺激を受けました。たのしかったです。ご縁をいただき、ありがとうございました!(20代女性)

◆初対面同士だからこそ、いままで誰とも話したことのないような内容がするっと出てきたように感じ、とても興味深かった。「本音」を話せるダイアローグの時間でした。適度に話し、適度に聴くことができたと思う。またの機会を楽しみにしています。ありがとうございました。(40代女性)

◆「いのち」について、いろんな捉え方があって面白かったです。「わからない」で良いんだなと思うと楽になりました。(30代女性)

◆参加できてよかったです。対話の時間を長くとっていただきありがとうございます。いろんなお話ができました。全国のお寺でこんな会が開ける日が来るよう、私も願っています。(30代女性)

◆お寺という場所で自由に対話するという機会って、他にないですよね。とても気持ち良かったです。(30代男性)

◆初めてお会いした方と、いきなり「深い話」ができる、この場の特異性(すごさ)を感じました。ありがとうございました。お寺で対話すること、いい雰囲気で、素晴らしいと思いました。(60代女性)