Column
Words
2016/12/14

【空海】本心は主 妄念は客なり

イラスト:nihhiイラスト:nihhi

自分のほんとうのこころはゲストハウスのようなもので、ありとあらゆる思考、感情、感覚は、そこを訪れるゲストのようなものなのだ、という話を聞いたことがあります。とても素敵だし、非常に的を射た、わかりやすいたとえだなあ、と感心してしまいました。

いつ、どこで、なにをしていても、「主(あるじ)」である自分を忘れなければ、ドンと落ち着いて、瞬間ごとにやってくる「お客さん」をもてなす余裕が生まれますよね。

思考、感情、感覚との同一化を破って、瞬間ごとに訪れるそれらと、ただただ軽やかに戯れ、遊ぶようにして生きていく……。そういう人生、なんだかたのしそうだな、と感じるのは、私だけでしょうか。

「本心は主 妄念は客なり」。折に触れて、思い出したいことばです。

「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」2016年12月11日発行号より転載)