Column

Words 記事一覧

Words
2016/09/23

【法然】月かげのいたらぬさとはなけれどもながむる人の心にぞすむ

上記は法然上人の詠まれた歌で、浄土宗の宗歌にもなっています。「阿弥陀仏の光明は全世界をあまねく照らし、どんな人をも救い取るという慈悲の心を歌われたもの」とされています(浄土宗公式サイトより)。 「この ……
イラスト:nihhi
Words
2016/09/23

【釈迦】不放逸は不死への道である。放逸は死への道である。

今回のことばも『法句経(ダンマパダ)』からの引用です。 「不放逸」は、パーリ語でappamadaと表記するのだそうです。aは否定語。ppamadaは自分の考えや他人の考えに酔って、真実が見えなくなって ……
Words
2016/09/23

【道元】迷を大悟するは諸佛なり

上記のことばは、道元禅師の遺された『正法眼蔵』「現成公案」の中の一節です。 「さとり」と聞くと、私なんかはどうしても、一切の迷いのない、澄み渡った青空のような境地をイメージしてしまうのですが、どうもそ ……
Words
2016/09/23

【金子大栄】花びらは散っても花は散らない。形は滅びても人は死なぬ。

今回は、明治~昭和期に活躍された真宗大谷派の僧侶・金子大栄さんのことばを選びました。 大谷派と言えば、以前、京都駅前の東本願寺に、このようなテーマが大きく掲げられているのを見たことがあります。 今、い ……
Words
2016/09/23

「迷故三界城」「悟故十方空」 「本来無東西」「何処有南北」

上記4つは、お遍路さんの装束のひとつである菅笠に書かれたことばです。菅笠には、このほかに、弘法大師を表す一文字の梵字と、「同行二人」の四文字が書かれています。お大師さんが真正面にくるようにかぶるのが正 ……
Words
2016/09/23

【釈迦】怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。

今回のことばは『法句経』からの引用です。 うらみを捨ててこそ……。なるほど、確かにその通りだろうなあ、と思わず頷いてしまうような、説得力のあることばです。どんな人だって、できることならいつでもこころ穏 ……
Words
2016/09/23

【聖徳太子】和を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ

今回は日本仏教の原点までさかのぼって、ことばをチョイスしてみました。言わずと知れた「十七条憲法」の第一条の文言ですね。この憲法は、一般に、仏教思想を中核として組み立てられたものと考えられています。 実 ……
Words
2016/09/23

【盤珪】不生で聞く

盤珪永琢(ばんけいようたく)禅師は、江戸時代前期の臨済宗のお坊さん。平易なことばで、人々に広く法を説いて回ったという伝承のある人物です。 その盤珪さんが一生涯となえ続けたのが「不生の仏心」の教え。「不 ……
Words
2016/09/23

【空也】市中これ道場

空也上人は平安時代中期の人物です。口元から6体の仏さまを出現させた姿の像が有名ですね。お坊さんですが、生涯、どこの宗派にも属さず、「市聖(いちのひじり)」として、諸国を遊歴したと伝えられています。 冒 ……
Words
2016/09/23

【道元】若(も)し地に因(よ)りて倒るるときは還(かえ)って地に因りて起(た)つ。地を離れて起つことを求むれども、終(つい)に其の理無し。

上記は、ごく最近、お世話になっている、あるお坊さんに教えていただいたことばです。意味を尋ねると、「まあ、簡単に言えば“倒れたところで立て!”っていうことだよね」とのこと。 最初は、随分と厳しいことばだ ……
Words
2016/09/23

【一遍】こゝろよりこゝろをえんと意得(こころえ)て心にまよふこゝろ成けり

これは、あるお坊さんの「こころこそが大事なものであって、格好などどうでも良い」といったような発言に対しての、一遍上人の返歌だそうです。「こころ、こころと繰り返して、結局こころに迷ってしまっているではな ……
Words
2016/09/23

【一休】元の身はもとのところへかえるべしいらぬ仏をたずねばしすな

お盆ですね。この時期、お墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。 お墓の前でじっと手を合わせていると、ふいに、「人は、死んだらどこへ行くのだろう?」なんてことを考えはじめてしまう自分がいます。そ ……
Words
2016/09/23

【雑阿含経】二辺を離れ中道を説く

先日、あるお坊さんと、「中道とはなにか」といったようなテーマでやりとりをしていました。その方は、こんな風におっしゃっていました。 「中道って、名詞的に固定化されたものではなくて、むしろ動詞なのではない ……
Words
2016/09/23

【最澄】己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり × 【道元】堂中の衆は、乳水のごとくに和合して、 たがいに道業を一興すべし

忘己利他。「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」。素敵なことばですよね。でも、このことばを受け取るときには、ほんの少し、気をつけないといけないかな、とも思うのです。 注意すべきは「己を忘れて他を利す ……
Words
2016/09/23

【浅原才市】才市どこが、浄土かい。 ここが浄土の、なむあみだぶつ。

浅原才市(1850-1932)は妙好人(みょうこうにん)を代表する人物とされています。妙好人とは、在家において浄土教を篤く信仰した念仏者のこと。才市さんは山陰地方の下駄職人だったそうです。 彼は言い切 ……