Column

Words 記事一覧

Words
2016/09/23

【空海】物に定まれる性なし。人、何ぞ常に悪ならん。 縁に遭うときはすなわち庸愚も大道を乞い願う。 × 【親鸞】さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし。

「“私”というのは、どこまでも、“縁によって”成り立っている存在なのだなあ……」 そんなことを、ふと、深く実感するようなときがあります。 なにも大げさな話じゃないんです。たとえば、以前はまったく好きに ……
Words
2016/09/23

尽十方無碍光如来 × 尽十方界真実人体

先日、6人のお坊さんの活動を追った、後藤サヤカ監督渾身のドキュメンタリー映画、「Buddhist -今を生きようとする人たち-」の完成後初となる上映会が、すみだリバーサイドホールにて行われました。 上 ……
Words
2016/09/23

【親鸞】自身を深信す

今回のことばは親鸞さんの『愚禿抄』からの抜粋です。「エゴの心にまとわりつかれ、迷いに埋没して生きるよりほかない愚かなわが身のありようを、深く信知すること」といった意味になるのだそうです。 (大谷大学「 ……
Words
2016/09/23

【日蓮】まず臨終のことを習うて、のちに他事を習うべし

「人は、他人の死は体験できても、自分の死だけは、決して体験できない」 あるとき、ふいにこの事実に気づいた私は、あまりにびっくりして、思わずその場で立ちつくしてしまいました。 これ、考えてみれば当たり前 ……
Words
2016/09/23

【良寛】災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候

今年も蚊が飛び回る季節がやって参りました……。が、私は、それをそんなに憂鬱なこととは認識していません。なぜなら、数年前に、蚊に刺されたときの一番の対処法を体得したからです。 それは「刺されても、気にし ……
Words
2016/09/23

【空海】仏法遥かにあらず 心中にしてすなわち近し

私にとって、仏教は、長年、「極上のおとぎ話」でした。 仕事に疲れたとき、人間関係に悩んだとき、自分の進むべき方向を見失ったとき、不安で寂しくて苦しくてどうしても眠れない夜……。 そんなとき、仏教にまつ ……
Words
2016/09/23

【最澄】一隅を照らす、これすなわち国宝なり

「一隅を照らす」 とっても有名なことばですね。みなさんも、きっと、どこかで目にされたことがあるのではないでしょうか。 自分の置かれた場所で、目の前のことを精一杯やっていく、それがそのまま周りを照らすこ ……
Words
2016/09/23

【維摩経】譬えば高原の陸地には蓮華を生ぜず 卑湿の淤泥にすなわち此の華を生ずるが如し

最近、とても魅力的な女性に出会いました。笑顔が本当に力強いのです。自分を飾りたいとか、人にどう思われたいとか、そういった計算の一切が存在しない笑顔。ただただ、いま、ここにある、笑顔としてだけの、笑顔。 ……
Words
2016/09/23

【法然】智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし

ふつう「智者」と聞けば、「それっていいことなんじゃないの?」と思ってしまいますよね。でも、法然さんはそのようにふるまうことを戒めている……。これはいったいどういうことなのでしょう。 法然さんの言う「智 ……
Words
2016/09/23

【道元】放てば手に満てり

先日、大切な友人から、こんなメールが届きました。 『ぎゅーっと握っていた手を開いたら、大事にしていた風船は、空高く飛んでいきました。真っ赤な手のひら。痛くて痛くて、涙が止まらなかった。でもね。いま、同 ……
Words
2016/09/23

【一休】行く末に宿をそことも定めねば踏み迷うべき道もなきかな

悩み深き凡夫である私は、つい先日も、自分の進むべき道が見えなくなって足が止まってしまいそうになっていました。すると、ある方から、こんなことばをいただいたのです。 「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)、生 ……
Words
2016/09/23

【釈迦】犀の角のようにただ独り歩め

あきらめることさえできるなら、一瞬で楽になれるのにな、とよく思います。 ここでの「あきらめる」には、「明らめる」の漢字があてられます。つまり、「仕方がないと断念したり、悪い状態を受けいれたりする」(広 ……